読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるん

かえるんはあなたの生活と買い物を豊かにするメディアです。kindle本、食料品、インテリア、日用品などおすすめの商品を紹介します。

美味しいコーヒーを淹れられるおすすめのコーヒーミル5選!

ほっと一息つくときにコーヒーを飲む人は多いと思いますが、コーヒーが好きならコーヒーミルで豆を自分で挽いたコーヒーを飲んでみませんか?そこで今回は美味しいコーヒーが淹れられるおすすめのコーヒーミルを紹介します。ぜひコーヒーミルで美味しいコーヒーをお楽しみください。

 

ザッセンハウス リマ

コーヒーミルを探しており、インターネットで探したところ、コーヒーミルの最高峰と呼ばれるザッセンハウスのブランドでありデザインがとってもかっこよく価格も納得できるものであったのでこちらを購入しました。使い心地もよく、豆をどれだけ引いたかも透明でみえやすいので使いやすいです。ハンドルもしっかりしていて、豆も均一な大きさでひけます。品質もよいので、買って1年以上たちますが不具合もなく安心して使用できます。かっこいいので、テーブルの上にあってもインテリアとなり食卓を明るくしてくれます。

ハリオ コーヒーミル・セラミックスリム MSSー1B

コーヒーミルは、大きいものから小さいものがあり、、材質も様々です。私が重視したのは、コンパクトで持ち運びがしやすいという点です。少し長期の旅行に行く時なども、旅先で美味しいコーヒがいつでも飲めるように、持って行ってます。名前の通りスリムなので、また軽いので苦にならずに持って行くことができます。本体には、二杯分を表す印があるので、いつも安定した美味しさでコーヒーを飲むことができます。また、スリムタイプなので、手の小さい人でも扱いやすいです。

価格もインターネットで購入すれば、2000円ちょっと、しかも送料も無料で購入できますので、お手頃だと思います。私の家では、一度落として割ってしまいましたが、気に入っていたので、2代目も迷わずこれを購入しました。毎日、1人や2人でコーヒーを楽しむ方にお勧めです。

ハリオコーヒーミルの他の口コミも

お手頃な値段で、中の臼を水洗いすることができる手挽用コーヒーミルです。1~2杯用。ボトル部分は透明プラスチックなので、どれだけ挽いたか一目で分かります。気軽に使えて簡単に洗えるので、とても気に入っています。臼はセラミック製。錆びる心配がないのが良いです。本体はプラスチックで軽く、スリムで、持ち運びしやすいようデザインされています。私は主に家で使っていますが、例えば旅行、登山などが趣味の方も、これなら一緒に持って出かけるのにピッタリなのではないでしょうか。挽きの度合いは、本体にあるツマミをカチカチ回して、臼の隙間の大きさを調整して決めます。ただ、本体には挽き加減の表示が何もないので、何度か練習して、自分好みの加減を覚える必要があります。

プジョー コーヒーミル ブラジル 茶木カップ

車で有名なプジョーのコーヒーミルを使用しています。1万円以上と手挽きのミルとしては高価な方ですが、評価が高かったので思い切って購入しました。使用してみると、まず、豆を挽くときの手ごたえが今まで使っていた4千円程度の商品とは全く違いました。軽くさくさく切れていくような感じで、あっという間に挽き終わりました。豆も均一に挽けており、おいしいコーヒーを淹れることができました。挽き具合の微調節も簡単で、ダイアルのようなものを左右に動かすだけです。粗挽きからかなり細かい挽き具合まで好みで調整できます。性能は期待通りでですし、見た目もいいので購入してよかったです。かなり耐久性がありそうですが、壊れてしまったらまた同じものを購入すると思います。

ポーレックス コーヒーミル

据え置き型のコーヒーミルで、上部が開口しているタイプは豆を挽くときに豆が飛び散るのですがこれはそういった事がありません。一度に30gくらい挽くことが出来ますが、ちょうどお湯をわかすくらいの時間で挽くことができます。据え置き型のコーヒーミルは洗うことが出来ないことが多いのですが、このコーヒーミルは全部分解して洗うことが出来て、とても衛生的です。ぱっと見ではキャンプとかそういう時に使うための簡易的なものに見えますが、自宅で使用するのに全く問題ありません。購入してから7年以上使っていますが、全然壊れません。

ザッセンハウス・ミル ラパス MJ-0801 

コーヒーミルにしては大分価格がお高いのですが、ドイツの老舗ブランドのもので、刃が丈夫なので(「10年は使える」とよく言われてるそうです)力強くゴリゴリと豆を挽くことができます。重さもあるのですが、その重さのおかげで安定していて豆を挽きやすいです。また、コーヒー豆を入れるホッパー部分に蓋がついているので、挽いている最中に豆が飛び散ることもなくクリーンに使えますし、その蓋の開閉もスムーズにできます。さらに、デザインもおしゃれなのでインテリアとして部屋に出しておいてもクラシカルでかっこいい雰囲気が出ます。

おすすめのコーヒーミルまとめ

いかがだったでしょうか。コーヒーはコーヒーミルで挽いて入れるとインスタントコーヒーとは別格の味わいが生まれます。ぜひコーヒーが好きな方はコーヒーミルで美味しいコーヒーを淹れてみてください。