読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるん

かえるんはあなたの生活と買い物を豊かにするメディアです。kindle本、食料品、インテリア、日用品などおすすめの商品を紹介します。

価格帯別コスパがいい!おすすめの高音質イヤホン11選!

電車や街中で毎日のように使うといっても過言ではないイヤホン。そんな毎日のように使うイヤホンは音質がいいものや重低音が響くなど好みはいろいろだと思いますが、コスパのいいイヤホンを選びたいですよね?そこで今回はコスパのいいおすすめのイヤホンを紹介します。

1万円以下のコスパのいいイヤホン

まずは1万円以下で買えるコスパのいいイヤホンを紹介します。

Audiosharp AS1127 (1000円くらい)

良かった理由として、コストパフォーマンスが良いということです。通常使用の損傷や劣化を考えると、価格の安さはとても良いと思います。選んだ理由として、価格以外にも、デザインが良いことです。色は2色ありますが、どちらも落ち着いた基調になっていますので、選んだ理由のひとつになります。おすすめの理由としては、有名ブランドと同じ工場で作っているので、品質は遜色なく、それでいて、価格が1,000円前後と安い。安くできている理由として、広告や包装を省いるためだそうです。肝心の音質はとても良く、1,000円前後で買える物とは思えないほど、クオリティは良いです。

エレコム Bluetooth ワイヤレスステレオイヤホン LBT-HPC11AV (1800円くらい)

イヤホンで重要なのは音質・携帯性・フィット感だと思います。これはBluetoothのワイヤレスで接続するためケーブルが邪魔にならず、軽く携帯性に優れジョギングやウォーキングには最適でしょう。右側の本体にボタン類が集約されているので目視しなくても電源・音量の操作が簡単にできるようになっているのも良いですね。また価格も手頃で、家電量販店で購入した時には2,000円弱でした。低価格でありながら高音・低音ともしっかり再現されているので、よほど音にこだわる方ではない限り問題は無いでしょう。ただひとつ小型故の弱点としてバッテリーが小さくこまめに充電が必要だということが上げられますが、初めてBluetoothのイヤホンを買う方には価格的・音質的に見てベターな選択になるのではないかと思います。

Aukey bluetooth スポーツイヤーホン ヘッドセット 耳掛け式 EP-B13 (2000円くらい)

イヤーホンはネックバンドタイプ以外はほとんど持っているが、インナータイプなどはパッドのサイズを変えてもすぐにズレ落ちてしまう。要は私の耳の穴にあったサイズのものはないのか、耳穴の形が悪いのかで外出時はほとんど使用していませんでした。耳掛けタイプのものは良かったのですが、耳をカバーするようなタイプだったのでランニングの時には重い感じと動いてしまうためあまりよくなかった。色々ネットで調べてみたら今回の超廉価なものが見つかり、早速注文しました。ここでお断りですが、私は、音はBGM的に聞いているだけなので音質には全くこだわりませんので、この価格で十分と考えました。届いてから使ってみましたが、耳のヒット、運動中の動きなどにも動じなくコスパ的には高得点と思っています。

パイオニア カナル型イヤホン「SE-CL721」(2000円くらい)

音楽を愛する人にとってイヤホン選びは慎重に選んでいきたいものです。私が長年愛用しているイヤホン「SE-CL721」は、音楽好き、特に重低音にこだわりがある方にとっては重宝するアイテムです。バンド活動でベースを嗜んでいた頃、携帯電話などに付属品としてついてくるイヤホンに物足りなさを感じていました。外部の音が入ってきて流れてくる曲を楽しめない……。新たなイヤホンを探すべく電気屋に向かいました。ベース=重低音のキャッチコピーに惹かれて視聴したこの商品は、そのコピー通り、他の商品とは違う低音の響きがよく耳に入ってくるイヤホンで、一目惚れならぬ一聴き惚れしました。金額も音質の割にはコストパフォーマンスが良く、今でも愛用しております。見た目も他のイヤホンではあまり見ないデザインです。私が購入した商品はコードの部分が赤と白の二色タイプでしたが、他にも赤と黒、赤と緑と個性があるデザインで人と被らない物がいいという方にはとてもおすすめです。

TaoTronics Bluetooth イヤホン 4.0 (2500円くらい)

2500円ほどでアマゾンで売られています。カラーは黒、白、グリーン。Bluetooth機能により充電式で2時間充電すれば、約5時間ほど音楽を楽しめます。良かった点は今までスマホや音楽プレイヤーにコードを接続して使っていましたが、Bluetoothを使ってコードなしに聴けることが一番の理由でしょう。ジャック接続式のコードがあると音楽を聴いているうちにうっかりどこかでひっかかってイヤホン、悪いときは音楽プレイヤー本体を壊してしまう。早ければ1週間で破壊してしまうことも。そのたび買い替えるなんて財布が痛いです。それで今回紹介するのは、引っかかることなく、充電さえ気を付けていれば説明書に従って使っているなら、今のところ半年が過ぎ買い替えといった不便な買い物をしなくて済むのです。イヤホンは最小限のコードで作られているので、コードの絡まりがなく便利すぎます。音もそこそこ良いので買う価値は十分にあります。こんなに長く使っているイヤホン初めてです。

audio-technica CKRSeriesカナル型イヤホン (3000円くらい)

私がこのイヤホンを選んだ理由は、友達から「お勧め!」と言われたのがまず一つです。色々なメーカーさんから沢山の種類のイヤホンが出ていますが、音を聴き比べてこちらに決めました。高音から低音までクリアに聞こえ、尚且つボーカル音も綺麗に聞こえました。今まで私が使っていたイヤホンは何だったんだろう?!というぐらい、違いました。音がシャリシャリとゆうか耳に刺さってくる感じも全くなく購入決定しました。見た目もスタイリッシュで気に入ってます。電車での移動中に使用する事が多いのですが、音漏れもありません。イヤホン購入検討されている方は一度聞き比べてみてください。

SONY カナル型イヤホン ノイズキャンセリング搭載ウォークマン専用 ホワイト MDR-NWNC33/W (5000円くらい)

ソニーのウォークマンをお持ちの方は、付属のイヤフォンを大切に使うことをお勧めします。おまけで付いている安物と思ったら大間違いで、なかなかいい商品だからです。というのも、ウォークマン本体に付いているノイズキャンセリングの機能はそれに対応したイヤフォンを使用しなければ機能しないのです。万が一付属のイヤフォンを紛失、または故障してしまった場合は、今回紹介した商品を購入することをお勧めします。お求め安い価格でコストパフォーマンスが良いですし、紛失しがちなイヤーピースも、純正品が比較的手に入りやすいので安心です。

SONY MDR-EX31BN (8000円程度)

SONYのMDR-EX31BNをおすすめします。これは、Bluetooth搭載、ノイズキャンセル機能付きインナー型イヤホンになります。おすすめのポイントとしては、Bluetoothを搭載しているので、スマホ(EXPERIA、IPHONE)にコード接続不要です。尚且つ高音質のままノイズキャンセル機能が付いているので、騒がしい電車や飛行機などの乗り物の中でも自分だけの空間で雑音を消して音楽の世界に入り込むことができます。また、充電はミニUSBケーブルでPCからでも電源からでも可能ですし、約9時間程度バッテリーが持つので一週間に一回程度の充電頻度で十分です。

1万円以上のコスパのいい超高音質イヤホン

もっと音質にこだわりたい!という方はこちらの1万円以上するイヤホンを試してみてはいかがでしょうか

Jaybird X2 Bluetooth イヤホン (2万円くらい)

私はランニング時によく音楽を聞くのですが、ケーブルタイプのイヤホンを使っていたためケーブルが腕にひっかかり外れてしまうということが頻繁にありました。耳から外れるたびにイヤホンをかけ直すのは非常に面倒で、そんな煩わしさから開放されるために無線通信のBluetoothイヤホンを購入しようと思いました。しかし無線通信タイプのイヤホンだと音質が悪いという話を聞いていたのでなかなか購入に踏み切れず、レビューサイトなどで調べているうちにJaybird BlueBuds X2 Bluetooth イヤホンが良いのではないかと思い購入することにしました。値段は二万円程しますので決して安い買い物ではありませんが、とても満足して使っています。やはりケーブルがないため腕の動きを制限されることはありませんし、音質に関しても特に不満に思うことはありません。イヤーチップというものを耳にフィットした状態でかけるので激しい運動をしても外れることがなくオススメです。

ETYMOTIC RESEARCH ER4-PT-B (3万円くらい)

カナル型イヤフォンです。購入時の価格はヨドバシカメラの店員さんから、なぜか店に売っていないETYMOTIC RESEARCHを薦められ、以来Shureを使ったりもしましたが上記ブランドを使い続けています。ブランドの商品すべてに言えるのは、音の繊細さ。分析がすごいです。イヤフォンには低音・高音重視などありますが、こちらは精密な音楽をきくことができフラットな音質になります。バランスのいい音=特徴がないため、低音重視の方などはつまらないと思いますが、バランスがいいということは、すべての曲に対し、常に一定のクオリティ以上の音が聴けるということです。また、私は音が何重にも重なる厚みのある音がとても好きです。外部ノイズはシャットアウトされるため、音楽を邪魔されずきくことができ、集中したい時にもオススメです。ちなみに、初めて購入した5年程前と違い今では家電量販店での取り扱いも増えています。是非一度お店できいてみてください。

ファイナル オーディオ 真鍮削り出しイヤホン heaven s FI-BA-SB (8万円くらい)

私が, 今まで使ったことのあるイアホンのなかで, 性能もデザインもおしゃれで良いなと感じたのは,final audio designのheavensです。これは, 中音領域は綺麗にでており, 非常にバランス良く聞こえ, 暖かみ, やわからかさを兼ね備えています。低音好きには, 物足りないかもしれないですが, 今まで1000円や2000円台のイヤホンを使われていた方が,これで聞いてみると, 二度とそのイヤホンには戻れないと思います。クラシックや原音を求めるなら, 是非このイヤホンがいいと思います。