読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるん

かえるんはあなたの生活と買い物を豊かにするメディアです。kindle本、食料品、インテリア、日用品などおすすめの商品を紹介します。

1歳におすすめの絵本14選!現役ママが読み聞かせにぴったりの絵本を紹介!

1歳になると子供は好奇心旺盛で、絵本も絵を指をさして楽しむなど表現も豊かになっていきます。1歳の子供に絵本を読み聞かせをすることも多くなってくると思います。そこで今回は現役ママが読み聞かせにおすすめの絵本を紹介します。ぜひいい絵本を見つけて読み聞かせをしてあげてくださいね。

 

1歳におすすめの本 :だるまさんが

赤いかわいらしいだるまさんが、転んだり、おならをしたり、抱き合ったり、子どもが喜びそうな擬音とだるまさんが書かれています。「だるまさんが・・・」でページをめくると「ぷっ」とだるまさんがおならをしていたりするので、うちの子は笑いながら見ていました。遊びの「だるまさんがころんだ」の感覚で、親がいろいろな読み方をしてあげると、すごく喜んでけらけら笑うと思います。どてっところんだり、ぷっとおならしたり、子どもがまねしたくなるような仕草ばかりなので、何度も読んであげているうちに、子どもがまねしたりもしました。

他のお母さんもこの絵本をおすすめ!

この絵本は、自分の子供が1歳の頃大好きだった絵本です。子育て支援センターの先生が読み聞かせの時に読んでくれたのですが、当時1歳くらいの子供と同じ月齢の子が食い入るように見ていました。それから、毎回支援センターに遊びに行くたびに読むくらい気に入ったので、実際に購入しました。シリーズ化されている他の2冊も合わせて購入しました。それまであまり絵本に興味がなかった我が子でしたが、この絵本は何十回も読みました。絵とストーリーが、子供の心を惹きつけるようです。だるまさんが良い味を出していて、擬音の表現が面白く、大変おすすめです。

1歳におすすめの本 :どうぶついろいろかくれんぼ

型抜き絵本で。「なにがかくれているのかな?」とページをめくると、動物があらわれるという本なので、クイズ形式で楽しめます。ライオン、犬、へびなど、子どもにも親しみのある動物ばかりなので、子どもが小さい頃は喜んで見ていました。ページ一面に色が塗ってあり、きいろ、yellowと日本語と英語で色の名称が書かれているので、色を覚えるためにも役立つ絵本だと思います。厚手の紙の絵本なので、少々乱雑に扱っても破れたりしないので、小さい子にはぴったりの絵本だと思います。幼稚園に入園してからでも、楽しめる絵本です。

1歳におすすめの本 :だるまさんと

だるまさんシリーズの中で、娘は1番「だるまさんと」が好きなようです。他の本でも笑うのですが、「だるまさんと」を読むよーと声をかけるとニコニコしながら寄ってきて、読み始めるともうすでに転がって笑っている時があります。だるまさんと果物が、お辞儀をしたり、お尻をぽにんと当てたりするのですが、果物も手足があって、かわいらしい絵ではないのですが、娘は好きです。特に1番最後にみんなで組体操のようなことをするのですが、「う~~~ん、ぱっ」と溜めて読んであげると、おもしろいみたいで転がって笑います。夜寝る前に、2日に1回はこの本を読んであげています。

1歳におすすめの本 : きんぎょがにげた

優しい色彩豊かに描かれていて、温かみのある柔らかい印象の絵本です。金魚鉢から飛び出した金魚を探しながらページを進むのですが、金魚が比較的分かりやすい色や形で描かれていると共に、絵本のサイズも探しやすい大きさなので、子供もストレスなく楽しめます。見つけると指で差して大喜びする様子に、親子でとても楽しいです。金魚が隠れている場所は日常にありそうな部屋ばかりなので、金魚以外に目を向けたりと何度読んでもいろんな楽しみ方がありますし、同時に物の名前を覚えられるようにもなります。子供が長く気に入っている本の1つになることも多いと思います。

1歳におすすめの本 : だるまさんの

とにかく絵がやわらかくて可愛いので、誰でも好きになると思います。母親の私もとっても好きです。そしてだるまさんがゆれるところが本当に可愛くて子どもも気に入ると思います。シンプルで読みやすいので、おすすめです。小さい子でも言葉を覚えるのにもぴったりだと思います。最初に子どもが読めるようになる本はこれなんじゃないかなと思います。このシリーズは本当に人気の作品なので、愛されるだけの理由はあると感じます。1歳の子にもおすすめですが、大きくなってもこの本をわが子は気に入っています。シリーズものなのでぜひ全部揃えて読むことをおすすめします。お母さんも虜になると思います。

1歳におすすめの本 : いないいないばああそび

カラフルで大きく描かれた動物たちが顔を隠していないいないばあをしてくれるので親子で楽しめると思い選びました。読み聞かせというよりは親子遊びとして使っていましたのでお出かけの際にも持っていき飽きてぐずりだしたときにとても重宝しました。登場する動物たちの声の調子やイントネーションを変えて読むとニコニコとすぐに笑顔になってくれました。最後のページにサプライズがあるのですがそこが一番の子供のお気に入りのページです。子供が自分でページをめくりながら「いないいないばあ」と読んだ後にぬいぐるみでいないいないばあと遊んでいることもあるので楽しく遊べていいと思います。

1歳におすすめの本 : かんかんかん

タイトルをみただけで、あっ!電車が出てくる!って分かって子供の興味を惹きます。食べ物、車、猫など子供が好きなものが電車になって踏み切りを通る様子が絵本になっています。踏み切り大好きな息子はお気に入り。ネコの鳴き声や車の音などが電車のガタンゴトンに見立てられていて、リズミカルです。それも面白いみたいです。よーくみると、キャラクターは身近なものをアレンジして作られていて、靴下やえんぴつ、お皿など何で出来てるのかな??って考えたり発見したりするのも面白いと思います。子供にクイズを出したりしてそれを考えて子供なりに答えてくれたりして、間違えてもそれが可愛らしいのでいいコミュニケーションになります。

1歳におすすめの本 : おにのパンツ

可愛らしいイラストで、カラフルなパンツが空から降ってきて、はこうはこうおにのパンツとうたの歌詞が出てきて、はいていたらパンツが逃げて追いかけて捕まえてまたはくといった動きが子供の興味をひくと思います。字が読めなくてもイラストだけで、何をしているか、物語の様子がわかるので、小さい子にはとてもいいと思います。歌も誰でも知ってるのですぐに馴染めます。歌も一緒に歌いながら、楽しみながら見れます。値段も510+税でお手頃!しかも丈夫な紙でできてるので破られる心配なし!なめられてもヘタレにくいのでとても長持ちすると思います!

1歳におすすめの本 : まるくておいしいよ

子どもが好きな丸いカタチと赤や黄色みどりなどの色が組み合わされて、何の食べ物かなぁと問いかけます。これなぁには子どもが大好きなことばなので、喜んで答えてくれます!子ども達が大好きな食べ物が出てくるのでとても喜んでくれます。我が家の息子たも元気に答えてくれ、何度も読まされます。イラストがリアルでとっても美味しそうに描かれているので、読んでいる親も食べたくなります!子どもと絵本のイラストを食べるフリをしたり、手でつかんでみたり、匂いを嗅いだり、どの食べ物が好きかどの具が好きか親子で話したりして、食べ物にも興味が湧くし、子どもの好みを良く知れるし、そこから色々な話題に発展できて、大きくなっても楽しめます。丈夫な本なので長持ちします!

1歳におすすめの本 : ぴよちゃんとさわってあそぼ!ふわふわだあれ?

ぴよちゃんシリーズの中でもこちらは視覚よりも触覚を刺激する絵本です。各ページには可愛い動物さんがたくさんいて、その動物さんの手触りを楽しむことができます。1歳はまだ視覚がしっかりとは発達していませんが、触ることにはとても興味をお持ちます。ママにお話しを読んでもらいながら、一緒にぴよちゃんのふわふわな部分を触ったり、羊さんのモコモコな部分を触ることで、いろいろな手触りを感じ、赤ちゃんの脳に刺激を与えてくれます。読む時に一緒に「ふわふわ」とか「モコモコ」と言ってあげると、より赤ちゃんが楽しめると思います。

1歳におすすめの本 : このパンなにパン?

娘が1歳の頃に選んだ絵本はこのパンなにパン?です。パンが大好きだったということもありますが、この絵本に描かれているパンは色鉛筆で本物のような質感でリアルに描かれています。「パンパンこのパンなんのパン?」とテンポよく繰り返される言葉に惹きつけられるのか、娘は食い入るように描かれたパンをみつめます。次のページになると、そのパンが半分に割られて中のジャムやクリームがトロ?リと出ています。それが美味しそうで娘は「パクパク。おいしい。」と食べる真似をしたり、手にとって私に「どうぞ」と分けてくれました。親子で楽しみながら読める絵本だと思います。

1歳におすすめの本 : ゆめ にこにこ

顔を洗う・ご飯を食べる・飲み物を飲むなどの日常生活の音や、花びらが舞う・小川が流れる・風が吹いて落ち葉が舞うなどの自然の音を、繰り返す言葉でつづった絵本です。幼い子供の耳にも心地よく響きそうなシンプルで綺麗な言葉ばかりで、読む側もテンポ良くよめます。描かれている風景と共に、日本語の美しさも感じられます。後半は実際には音が無いものも擬音として描かれ、想像力が養われそうです。絵柄はシンプルで分かりやすく、顔の表情がある部分は誰でも描けそうなタッチで大きく描かれていて、子供もにこにこ見ています。コンパクトなサイズなので子供が自分でもめくりやすく、絵を見ながら繰り返す音を自分で言うようになりました。その姿や響きが、また可愛らしいです。

1歳におすすめの本 : ポケット

ポケットは色もはっきりしていて目を向けやすくなっています。小さいポケットや、大きいポケット、ボタンのついたポケットに色々な動物がかくれていて特徴のある体の一部分がひょっこり出ていて何の動物がかくれているのか見ている子どもに想像力を与えられるようなとても良い本です。そのまま読んでもいいし、絵本を読みながら子どもに問いかけをして読んでもいい本です。また繰り返し読んでポケットの中から何の動物が出てくるかを思い出させて言葉にして発するようにして読むこともできる本です。最後はカンガルーのポケットから赤ちゃんが出てくるので、読んでいる赤ちゃんにママを意識してもらえる本でもあります。

1歳におすすめの本 : ふれあい親子のほん 1さいだもん

総合的な絵本になるので、どんな絵本を買っていいのか分からない方にはお勧めの絵本となります。1歳が好きなしかけの絵本だけではなく、乗り物や動物の写真、お話などもあるので一通り読んでもかなりのボリュームとなります。これがあれば、子どもがどんなものが好きなのかもわかりますし、あえていえば繰り返し読んだりあそんだりするだけで楽しめるものなので余計な絵本を買わなくてもいいいというメリットもあります。段階的にすすんでいくので何度読んでも飽きることもなく楽しんでくれました。同じシリーズの絵本などもありましたが、全体的にカラフルで絵もかわいくて読みやすかったので買ってよかったです。

1歳の読み聞かせにおすすめの本まとめ

いかがだったでしょうか。現役ママからの紹介の中に気になったものがあれば読んであげてみてはいかがしょうか。ぜひお子さんの大好きな絵本になるような絵本を見つけてあげてください。その助けになれれば幸いです。 

www.kaeln.net