読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるん

かえるんはあなたの生活と買い物を豊かにするメディアです。kindle本、食料品、インテリア、日用品などおすすめの商品を紹介します。

【完結済み】おすすめ少女漫画27選!人気の少女漫画を一気読み!

忙しくて青春や恋愛の「ドキドキ」を感じなくなってしまっていませんか?少女漫画でドキドキする気持ちを充電しましょう!今回は週末で一気に読める完結済みのおすすめ少女漫画を紹介します!ぜひ自分の好きな少女漫画を見つけてみてください!

 

ハチミツとクローバー 全10巻

少女漫画の概要

5人の美大生の話で物語は始まります。特定の主人公がいるわけではなく、5人の男女それぞれの恋愛を主軸に人生・家族・悩み等色々なものが交錯してお話が進んでいきます。時に笑えて時に泣きたくなるようなお話です。

おすすめのポイント!

少女漫画とあなどるなかれという言葉がしっくりきます。最後まで読むと単に恋愛ものジャンルではくくれなくなる漫画です。学生の頃に読むのと社会人になってから読むのとではかなり感想が変わるのではないかと思います。漫画の所々で出てくるモノローグ的な言葉が心に突き刺さります。説明的なお話では無く様々な解釈の出来る話でもあります。5人の男女の恋愛話ばかりではありません。随所に出てくるギャグや道場人物に心なごませながらも、人生を考えさせられるような重いテーマもあります。とにかくこの世界観を是非本を読んで感じてもらいたいです。

月下の君 全7巻

少女漫画の概要

有名な「源氏物語」を題材とした嶋木あこさんの漫画。男子高校生の主人公は、ある日を境に前世である光源氏と人格が入れ替わるようになります。光源氏の目的は、前世で結ばれることのなかった女性と結ばれること…。主人公の学校に転校してきた女の子は、なんと光源氏が愛した女性の生まれ変わりだったのです。現世でも再び恋に落ちる2人の恋の行方とは…?

おすすめのポイント!

歴史好き女子にはたまらない、かの名作「源氏物語」を題材としています。作中に出てくる女性たちももちろんこの漫画に登場し、光源氏との過去の回想シーンも盛り込まれています。フラワーコミックでの連載なので、少しエロ要素も含まれていますが、とても艶っぽいタッチの漫画家さんですので、いやらしい気持ちではなく芸術作品を見ているような感覚にもなります。もちろん、そもそも源氏物語に興味がなかった人でも、この漫画を読むことで、源氏物語に興味をもつきっかけとなるのではないでしょうか。ちなみに私はこの漫画を読んだあと、「あさきゆめみし」を読み返してしまいました…。

ご近所物語 全7巻(愛蔵版は4巻)

少女漫画の概要

少女漫画「りぼん」に1995年から約2年間掲載されていた作品で、作者は漫画「NANA」で有名な矢沢あい。主人公、実果子は服飾の高校に通い、デザイナーを目指し日々奮闘中。また、実果子と同じ学校には幼馴染のツトムも通っていて、実果子の夢に向かって奮闘していく姿はもちろん、実果子とツトムとの恋愛模様からも目が離せない作品。

おすすめのポイント!

この作品を読んだとき、私は高校生でした。そのときの私はこれと言った目標や夢もなく日々を過ごしていたのですが、主人公の高校生、実果子が夢に向かって頑張っている姿をみて私も今目の前にあることやこれからのためにできることが頑張ろうという前向きな気持ちになることができました。また、家族や友人といった主人公とその周りの人たちとのつながりにも絆を感じ、人間関係の部分も勉強になりました。そして、少女漫画には欠かせない主人公と幼馴染ツトムとの恋愛模様にも目が離せなく、いつもハラハラしたり笑いがあったりとおすすめの作品です。

電撃デイジー 全16巻

少女漫画の概要

兄を亡くし天涯孤独のヒロイン(主人公)と、その兄と親友関係にあり、訳あって正体を現せずにヒロインを陰で助けているヒーローのお話です。ヒロインはその人を足長おじさんのように慕っていて、いつもメールでやりとりをしていますが、そこから物語が進展していきます。

おすすめのポイント!

最近の少女漫画は第一話でキスしちゃったりすぐH!なんて当たり前になってくるなか、この漫画はキスまでが長い!(笑)だからこそ、ずっと胸がきゅんきゅんしちゃいます!ヒロインもピュアですが、ヒーローの方もピュア。でもこのヒーローが、ピンチの時かならず現れてくれてそれがまたカッコイイのです。ギャグの後敵を倒すアクションシーンもあったりしてどんどんこの世界に引き込まれてしまいます。16巻あって、私は完結してから読んだのですが一気に全巻読み切ってしまいました。「君に届け」のようなピュアな主人公が好きなら、この漫画もハマると思います!

少女革命ウテナ 全5巻

少女漫画の概要

この漫画はアニメ版と漫画版があるためそれぞれ内容が少し違いますが、両方ともおすすめです。どのような内容かというと幼いときに両親を事故で失った天上ウテナが自殺しようとしていた時にバラの香りがする王子様が助けた。その時に彼はウテナの元にバラの刻印が施された指輪と「君がその強さと気高さを失わなければ、その指輪が君を僕のところへ導くだろう」という言葉を残して去っていった。そして時は流れ中学生となったウテナは「守られるお姫様より王子様になりたい」と思い、王子様を見つけるために鳳学園に転校する。そこではバラの花嫁である姫宮アンシーを賭けて生徒会のメンバー各々が決闘をしており、ウテナはその戦いに巻き込まれていく。この決闘で彼女が得たものとは―――

おすすめのポイント!

なぜこの漫画が好きなのかというと、現代の漫画には無いような乙女要素が詰まっているからです。どのようなものかというと宝塚的な要素に近いと思います。弱い立場にいる女性が憧れの男性に近づくために男装をし”かっこいい”を目指しながら大切な存在を守るために戦うところに惹かれます。またこの決闘をする相手にもそれぞれの事情がありそれが掘り下げられているのも魅力的です。そしてこの漫画で一番面白いと思うところが少女漫画では珍しいジェンダーという内容を扱っている所だと思います。ジェンダーを扱っているというわけではないでしょうがそこに通じる何かがあると私は思っています。バラの花嫁を守るためには”王子様”でいなければいけない。だが、好きな人ができてしまい悩んでしまう。その葛藤も面白いです。現代の少女漫画には見られない不思議な雰囲気が読者を誘うでしょう。

クローバー(稚野鳥子) 全24巻

少女漫画の概要

恋愛経験のほとんど無かった女子社員と同じ会社の上司による、社内恋愛ストーリーである。途中、お互いに様々なトラブルのような事も起こったりするが、それを乗り越えて次第により一層2人の絆が深まっていく…といった内容である。

おすすめのポイント!

ドキドキ&ハラハラ、時に胸キュンもありで、面白いです!主人公の女子社員が、上司と付き合いだしてからの徐々に変化していく感じが見ていて面白いです。ごく日常の、どこにでもありそうな社内恋愛の風景の一つとして見ていけば良いと思います。ただ、少し前の作品になるので、当時の時代背景が感じられる節はあります。それでも、だんだん読んでいくに従い現在の感じに近付いて行くので、特に読んでいて問題はないと思います。1冊毎の内容が結構濃いので(吹き出しの量も結構多い感じ…)1日で読破するより、数冊を何回かに分けて読んでもいいかもしれないです。クローバーの続編も出ているので、クローバーを読破した後に続けて読んでみる事をお勧めします。

ママレード・ボーイ 全5巻

少女漫画の概要

主人公の小石川 光希は、ある日突然両親から離婚すると告げられる。旅行で知り合った松浦夫婦と意気投合し、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ち、お互いパートナーを交換して再婚すると言う。さらに松浦夫婦の息子の遊も含めてみんなで1つ屋根の下で暮らそうと提案され、パニックになる。非常識な生活であるが、一緒に暮らし始めるうちに、遊に惹かれはじめていく。

おすすめのポイント!

同居している、同じ高校であるといった、女の子が憧れるシチュエーションでの恋愛が素敵です。2人が結ばれるまでには割と時間がかかりますが、揺れ動く乙女心や、主人公をめぐっての男の子たちの多少強引な様子が、甘酸っぱい青春を思い起こします。また、主人公以外のキャラクターの描き方も秀逸で、色々な人の恋愛模様が気になって仕方なかったです。主人公とその彼の大学時代までが描かれていますが、大人になったらこんな恋愛をしたい、こんな彼がほしいと本気で思っていました。絵もとてもかわいらしくて、女の子たちのファッションが大好きでした。

ママレードボーイの他の感想も!

ママレードボーイは大好きでマンガ、アニメ、映画全部見ました。ママレードボーイはまさに青春です。思春期の高校2年生17歳というのがとてもいいと思います。やはり美少女美少年がででくるとウキウキします。光希、遊、茗子、銀太達のそれぞれの恋、三角関係、四角関係もハラハラドキドキしてみどころです。キスシーンが多くてドキドキします。遊と保健室でキス、銀太と放課後の教室でキス、どちらもドキドキなシチュエーションでした。光希が遊と銀太の間で気持ちが揺れるのもじれったいけど気持ちも分かる感じです。茗子と名村先生の教師と生徒の禁断の恋もとても気になるところです。

はいからさんが通る 全8巻

少女漫画の概要

主人公花村紅緒はいいなずけに反発しつつ惹かれていくが戦争によって引きさかれる。その後仕事をしたり恋をしたりするがやがていいなずけが帰って来る。関東大震災が起こりいいなずけが紅緒を助けハッピーエンドで終わる。

おすすめのポイント!

主人公の花村紅緒が破天荒で面白い。いいなずけは美男で普段は穏やかだが紅緒に危機が迫ると男らしく戦う。その他の登場人物も面白く紅緒の付き人のような人力車引きの牛五郎や紅緒の幼なじみで役者の蘭丸。紅緒の女学校の同級生で美人の環。紅緒が就職してからは美男の編集長をはじめ愉快な仲間たち。その他名前がはっきりわからない登場人物。途中紅緒が酒乱でトラブルを起こしたり無実の罪で刑務所に入ったりとハラハラとさせられる。時代背景も大正時代で第一次世界大戦や米騒動や社会主義運動などがストーリーに巧みにからめられ楽しめる。

リョウ 全13巻

少女漫画の概要

普通の女子高生がある時、タイムスリップして、義経として生きる事になります。弁慶と義経の話にはなるのですが、その義経が女性になります。義経は源家ですが、平家の維盛に愛されます。しかし、義経は弁慶と恋をします。

おすすめのポイント!

維盛の一途な愛がとても感動します。義経も敵ではある維盛のとても献身的な愛に心迷わされる時もあるのですが、義経が好きなのは弁慶です。とても切ないです。ある時維盛が病に倒れます。それを知った義経は維盛に優しくなります。そして、わけあって維盛と一夜を共にする出来事が起きます。しかし、その次の日の朝、桜の木の下で維盛は天国に行ってしまいます。その顔がとても安らかで幸せそうな顔をしています。そのシーンは見開きに渡って描かれているのですが、とても印象に残ります。私は涙が止まりませんでした。こんなにも人を愛する事に感動した事はありません。初めて読んだのはもう15年も前になりますが、未だに印象に残っていますし、それから2.3回読み返したのですが、その度に変わらず涙が止まりません。

輝夜姫 (清水玲子) 全27巻

少女漫画の概要

竹やぶで拾われた美貌の主人公は、施設から岡田家に引き取られ、以前の記憶をなくしていた。施設の幼馴染と出会ったことで出生の秘密に迫っていく。自分の運命を縛り付けるかぐやひめとは?ほかの幼馴染たちの目的は?

おすすめのポイント!

クローンを用いたドナー計画や地球を滅ぼす計画などいろいろな要素が盛り込まれていますがみんなキャラクターが立っていて疲れずに一気に読めます(全14巻)。レズ要素、男の子同士の濃い友情要素もありますが、複雑な恋愛ストーリーばかりにならずハリウッドばりのSF大作として集結してゆくのが爽快です。絵が綺麗なのでとんでもない物語の方向展開や血なまぐさい殺戮場面も世界観に引き込まれつつ、リアルすぎるグロさを感じず読みすすめられるのがおすすめの理由です。あと読んでいる間は疲れませんが読後若干呆然としてしまいます。

はじめちゃんが一番!全10巻

少女漫画の概要

わずか二歳で五つ子の姉になったはじめちゃん。共働きの両親を支えて、五つ子の面倒を見ながら家計を切り盛りしているやりくり上手な高校生。ひょんなことからアイドルになった五つ子と共に過ごす芸能生活波乱万丈。はじめちゃんの初恋の行方も気になる全15巻。

おすすめのポイント!

わずか二歳で五つ子の姉になり、生活の厳しさの中やりくりに励む岡野家長女のはじめちゃんと、ほんとに可愛くてはじめちゃんを大好きな五つ子ちゃんの物語。五つ子ちゃんが芸能界入りをするんだけど、それでも堅実な生活を続けるはじめちゃんの言動行動がうけるんです。また、そこで初めて出会った有名アイドルに一目ぼれをするんだけど、彼への愛の表現もまた憎めない。そんなはじめちゃんに怒鳴られながらも目いっぱいの愛情を受けてきた五つ子の天真爛漫さが周りをどんどん柔らかくしていく。はじめちゃんと五つ子、アイドルWEの織り成すストーリーに目が離せない、楽しい中にもほろ涙をみることのできる漫画です。

そばにおいでよ全3巻

少女漫画の概要

大学の卒業旅行に彼とサイパン旅行を予約したものの、彼の一夜の遊びを赦せずキャンセルすることに。でもそこで出会った高校生、雅弘とサイパンで一夜を過ごした乃里子さん。現実生活に戻った二人は国語の新任教諭と生徒という立場で再会することに。さて二人の行く末は?!

おすすめのポイント!

キャンセルに行ったはずの旅行会社でふと声をかけて、見知らぬ二人がいきなりサイパン旅行。お互い気になりながらも別れたものの、旅から帰ってまた再会した時は、それが教師と生徒という関係だなんてさすが物語。でも、その恋愛過程が5部構成で描かれているんだけど、年上の先生なんだけどほっとけない乃里子さんと、年下なんだけど一生懸命彼女のために倍の速度で成長しようとしている雅弘くんの姿が、とても愛らしく描かれています。自分ではしたことのない年下との恋愛を、「こんな感じなのかなぁ~?!」とドキドキしながら読み進められる漫画です。

桜蘭高校ホスト部全18巻

少女漫画の概要

桜蘭高校はお嬢様お坊ちゃまが通う超お金持ち高校。そこに特待生として入学した貧乏学生ハルヒは、学校で女子生徒のあこがれの的「ホスト部」の備品を壊し、借金返済の代わりにホスト部で働くことを約束させられてしまう。ハルヒは生物学上は女だが、見た目がボロボロのこともあり男だと思われていた。しかし実際は超美少女!それを知ったホスト部の面々はハルヒを変身させ、ホスト部の新進気鋭のルーキーとして部員にしてしまう。

おすすめのポイント!

コメディ要素が強く、毎回声を出して笑ってしまう程おもしろいです。絵がきれいなこともあって読みやすいですし、キャラも魅力的です。主人公のハルヒは実は超美少女なのに自分の容姿には全く興味がなく、中学時代は父親(おかま。母親は死別)がきれいな姿にしていましたが、高校入学の当日に近所の子供に髪の毛にガムをくっつけられたため自分で散髪、コンタクトもなくしたので瓶底眼鏡といういで立ちだったのです。そんなハルヒにどんどん心奪われていくメンバーたち。ホスト部のキングこと「須王環」はハルヒを「娘」のようにかわいがりますが、話が進むとともに女の子として好きだったと気づきます。最初はハルヒをからかってばかりだった双子も、ハルヒに恋して大きく変わります。私のおすすめは恋愛沙汰でシリアスが多くなるまでのコメディ要素が強い部分。10巻くらいまではコメディ的な面白さ、それ以降は恋愛のドキドキが楽しめます。

十二秘色のパレット全6巻

少女漫画の概要

この物語の舞台は架空の南の島。色とりどりの花が咲き乱れ、島の宝は「鳥」です。この鳥は綺麗な色の花を主食とし、その体の色をきれいな花の色に変えます。さらにこの島にいる「パレット」と呼ばれる職人は様々な物体から色を取り出して彩色する色の魔術師です。パレットは一匹の鳥とペアを組み、鳥の体から色を抜き出して様々なものを彩色します。主人公は十二色を勉強するパレット養成学校の1年生セロ。しかし出来が悪く留年してしまいます。彩色に失敗した時に助けてくれるのは保健医のグエン。彼はプロのパレットで、セロとは持ちつ持たれつの関係ですが、だんだんとお互い意識し出します。そんな二人のお話が、コメディをこめて描かれています。

おすすめのポイント!

作者の草川為さんが大好きで購入しました。草川さん独特のシュールな笑いと間がおもしろく、じわじわと笑えて来ます。主人公セロは勉強はできませんが相棒の鳥が大好きで、やる気に満ち溢れ前向きな女子学生。そんなセロが失敗するといつもいやいやながらも助けてくれるのがグエン先生です。グエン先生は鳥と共に生きる未来に向かって色々と頑張っているセロにどんどん惹かれていきます。少女漫画には珍しく、セロは全く先生の行為に気づかず、仲のいい先生としか思っていません。グエン先生は頑張ってセロとの距離を近づけようとしますが、何分クールでポーカーフェイスなのでなかなかセロに気持ちが伝わりません。そのなんとも言えない距離感が私は大好きで、セロをおもいつつも周りに邪魔されたり、すねてみるけどセロが笑うとうれしくて何もなかったようにふるまってしまったり。とにかくグエン先生がかわいいところがお勧めです。

ガラスの鼓動 全4巻

少女漫画の概要

高校に入学した風子は、ある先輩をみて陸上部に入部する。その憧れの先輩には、とってもお似合いの美人な彼女がいて、恋は諦めるがその変わりに陸上を頑張り先輩との距離も縮めていく。すると先輩の彼女が病気でなくなってしまう。

おすすめのポイント!

こちらは4巻で完結になっている少女漫画です。わたしはちょうど小学生、中学生くらいに読んでいたのですが、今考えるととても重いテーマがある漫画なので、今でも心に残っている作品なのだと思います。憧れの先輩の彼女が病気でなくなり、先輩は自暴自棄になりどんどん尖って行ってしまう。そんな彼を支えたいと思う風子は、先輩と一緒に痛みをんかりあい、支え合うが簡単には乗り越えられる問題ではないので、とってもそれが上手に書かれています。また乗り越える糧になる一つの理由に陸上も一生懸命打ち込むこと。爽やかさもあり、感動もあり応援したくなる。とても素敵な作品です。

真(まこと)コール 全9巻

少女漫画の概要

カナダからの帰国子女、藤咲真は高校一年生。幼馴染で初恋の人、隼人の一言からバレーボールの道へ足を突っ込むが、一度もやったことがないど素人。でも持ち前のタッパと運動神経でどんどん隠された才能を開花していく、スポーツシンデレラ漫画です。

おすすめのポイント!

始まりは、幼馴染で初恋の隼人の言葉でしたが、どんどんバレーボールの魅力にはまっていくんです。試合で見せる勘の鋭さと、前を向いてあきらめない姿勢、何よりも馬鹿が付くほどの練習熱心さには本当に頭が下がりますし、応援せずにはいられません。そんな彼女の姿勢・魅力にチームメンバーも協力せずにはいられず、相乗効果でメキメキと実力をあげていくんです。頑張る姿はいつでも、どんな時でも、誰に対しても励ましになることを改めて教えられました。なんて表現したらよいのかよくわかりませんが、人物の目がとても素敵なんです。隼人の真を見る目も素敵です。

星くず 全2巻

少女漫画の概要

裕福な家庭に育ち、自分の狭い世界で育ってきた由布子は、高校二年の時肺炎で入院をしていた。その時白血病を患いながらも懸命に生き抜こうとしている都築宏司に出会う。その生きようとする姿を見て、人として成長し愛し合っていく。

おすすめのポイント!

病気に負けずに一生懸命に自分に与えられた命を生きようとする宏司の姿を見ながら、生きることは何かを学び成長していく由布子。裕福な両親には、母子家庭の病気持ちの彼を受け入れることはなかなか難しいです。それまではただわがままながり勉だった由布子が、本来の我慢強さと優しさとまっすぐさを彼と過ごす時間の中で自分のものとしていく姿は、いろいろなことに気づかせてくれます。出会いの大切さや、相手を思いやる心、愛の深さ、愛の形・・。彼女の両親の反対も乗り切りながらも病魔と闘う二人。結果彼は病気で亡くなってしまうのですが、一生懸命な姿は現実だけでなく、漫画の世界でも心打たれ、わが身を振り返る材料になります。

赤ちゃんと僕 全9巻

少女漫画の概要

小学生の兄と赤ちゃんの弟。ある日、お母さんが交通事故で亡くなってしまいます。父と力を合わせて、お兄ちゃんは弟くんを育てていくことになります。弟が泣くたびにご近所さんに怒られ、自分が遊びたい気持ちも家の家事に追われるお兄ちゃん。最初はかわいく思えなかった弟でしたが、慕われるたびにお兄ちゃんは弟を可愛がるようになります。

おすすめのポイント!

核家族が進むなかで、こういったケースの家族スタイルは増えているのではないかと思います。子どものために再婚をしてお母さんの立場を作るの家族が増えているなかで、父一人で子どもを育てる姿も感動します。なんといってもお兄ちゃんが母親がわりをしながら、弟を育てていく奮闘が描かれています。最初はかわいく思えなかった弟。よく泣いて、ワガママで、自分の生活が弟中心になりつつあることに、最初は受け入れがたかったお兄ちゃんだったが、弟の成長と共に自分も成長していく姿が描かれています。懸命に生きていく姿は、それぞれの立場から描かれていて、涙なしでは見られないストーリーです。

花より男子 全37巻

少女漫画の概要

牧野つくしは活発で弱いものイジメが大嫌いな正義感の強い女の子。貧乏ながらも家族4人仲良く暮らしていました。でも超お金持ちばかりが通う永徳学園へ通う事になってからは出来る限り目立たない様にひっそりと暮らしていました。3年間の辛抱だと心に唱えながら。なぜならF4と呼ばれるグループが園内を牛耳っていたからです。逆らう者はみな学園全体からイジメを受けていました。その日もつくしはひっそりと暮らす筈だったのですが、ひょんな事からリーダーの道明寺司に逆らってしまいます。それからつくしの生活は180度変わってしまいます。学園全体からの卑劣なイジメに一人で立ち向かうつくし。初めは凶暴だった道明寺もつくしのたくましさや強さにだんだん惹かれていきます。不器用ながらもまっすぐな道明寺と何処かミステリアスな花沢類、この二人の間で心が揺れ動くつくし。ドキドキが止まりません。

おすすめのポイント!

何と言ってもF4のメンバーがすごいです。お金持ちでイケメンでスポーツも万能。日常では考えられない世界がそこにはありました。メンバーそれぞれ個性的で、必ず誰かにはまると思います。いわゆる現代版シンデレラストーリーだと思います。つくしと道明寺の恋の行方も見逃せません。あと、シリアスなシーンばかりでなく、漢字が苦手な道明寺のちょっとおばかな所も笑えます。漫画を買う事はほとんどしないのですが、この漫画だけは全巻揃え、さらに何度も何度も読みました。何度読んでも飽きないのです。実際、テレビドラマや映画にもなったくらいなので、多くの方がこの漫画の虜になっているのは間違いないと思います。

動物のお医者さん全12巻

少女漫画の概要

理系高校生ハムテル(あだ名)が大学に進学、親友二階堂と獣医を目指します。飼っているペットは顔が般若のようなシベリアンハスキー犬チョビ(でも性格超良し、おっとり)、おばあさんの飼い猫ミケ(アネゴ)、砂ネズミ多数、暴力雄鶏ヒヨちゃん。他にもアフリカ大好き傍若無人漆原教授、低血圧なんでも遅い菱沼さんと濃いキャラばかりの大学生活の日常です。

おすすめのポイント!

とにかく動物がかわいい!「動物あるある」な話、「こんなこと動物するの!?」な話がてんこ盛りです。テンション低いのにギャグが女性漫画家が描いているとおもえないくらいうまく、絵もうまい!美形、美人、すてきなおじさまが出てくるのに恋がまったく出てこない…。でもこのマンガは恋を出してはいけないのかも。ギャグばかりでなくハートフルな話もあり、ハムテルとチョビの心のつながりはとってもいいです。ハムテルは感動薄いたちで、ほとんど表情を変えないのですが、チョビと話してる時だけは違います。親友二階堂は情けなくて騒ぎ屋ですが、ハムテルにたよってばかりいるようで、実はハムテルを行動させるのは彼だったりします。そしてキーマンが漆原教授。本人悪気は全くないんですがとにかく変な人で、怠け者ではない働き者ですが人に迷惑をかけるのが大変得意。説明が一口でできないマンガですが、それだけに一見の価値ありですよ!

パフェちっく 全22巻

少女漫画の概要

住んでいるアパートに従兄弟同士の二人のイケメンが引っ越してきて、恋をしていく物語。知的で不器用なイケメンか、頭は悪いがスポーツが出来て愛想のいいイケメンか・・・どっちのイケメンのくっつくのだろうかドキドキ漫画です。

おすすめのポイント!

恋だけでなく友情や、アルバイト、家族などの話も入ってきてまさに高校生の青春が描かれていてとても楽しい。そして読んでいるだけで青春を感じれてしまう素敵な漫画です。そして注目してもらいたいのが、主人公の女の子の髪型です。毎日ヘアアレンジが違くて次はどんな髪型をするんだろうと自然とヘアアレンジも楽しみのひとつになっていました。話の中には切ない恋のシーンなどもあって感動するところもあります。私は涙を流しながら読みました。この漫画はまたドキドキできるような素敵な恋愛がしたくなる漫画でした。パフェチックに出会えてよかったです。

うせもの宿全3巻

text-transform: none; white-space: normal; widows: 1; word-spacing: 0px; -webkit-text-stroke-width: 0px;">少女漫画の概要

うせもの宿とは探し物が見つかる宿るです。その宿にいる女将さんを名乗る少女と出会うことで、その宿にやってきた者達の心は大きく変わっていきます。その宿にやってきた者達の探し物を気まぐれに手伝う女将さんですが、彼女にも探し物がありました。うせもの宿に人を導く青年、マツウラの正体、彼と女将さんとの過去。ラストは感動と切ない気持ちでいっぱいになります。

おすすめのポイント!

全巻3巻で構成されており、短編ごとに話が繋がっていきます。探し物も妻との指輪、母親が縫ってくれたぬいぐるみ、恋人からの贈り物とそれぞれ違っており、時には子どもとの思い出、友人との約束など、形には無いものもあります。その探し物と共に他者を想う人の心を強く感じることができるからです。最初は淡々と探し物を探すのを手伝う女将さんですが、うせもの宿に留まり続けていた者達が探し物を見つけていくことで、彼女の心の変化を実感することができます。一つ一つの短編の中でも少しずつ物語の秘密が明かされていき、一つ一つのピースを重ねていくことで、1話も目が離せない物語となっています。ラストは切なく悲しいですが、2人で幸せになる為に選んだ選択に、とても心打たれるものがありました。

フルーツバスケット全23巻

少女漫画の概要

呪いを受けた一族が、ある少女との出会いをきっかけに変わっていくという話です。一族は異性に触られるとそれぞれ決められた干支の動物に変わってしまいます。そのため普通の生活ができず、親にも気味悪がられるため気持ちもふさぎこんでいます。

おすすめのポイント!

それぞれ抱えている苦しみや問題が複雑すぎ、その心におとしている影が深いので感情移入と言った面ではしにくいかもしれないけど、自身も大好きな父親を亡くしたという過去をもつ主人公もその体験を胸に、自然体で苦しむ個々を救って行く様がとても共感を覚えました。言葉一つ一つが胸にしみます。一つの物語にとても深い意味があって、心に残ります。それが自分とは無縁の世界で、自分で持っていない苦しみであっても、主人公の言葉でどこかでその言葉を待っていたかのような気持ちになり、すーっと入っていく事がよくありました。ずっと残しておきたいマンガです。

フルーツバスケットの他の感想も!

本田透は、都立高校の都立海原高校に通っているごく普通の女子高生。両親を亡くしたことで、山でテントを張っていました。ところがそこは同級生の草摩家の領地だったのです。なんだかんだ交渉してテント暮らしの許可をいただこうとしたのですが、土砂崩れでテントまで失ってしまいます。身寄りのなくなった透は、同級生の由紀の暮らす草摩家に厄介になるのでした。ところが、透は居候の初日に草摩家が代々続く物の怪憑きであり異性と触れ合うと十二支の動物になってしまうという驚くべき秘密を知ってしまうのでした。こんなハチャメチャな展開で始まる話ですがしっかりと話が成り立っているのでおすすめの漫画です。

登場人物一人一人が何かしらのしがらみを持っていてそれを微々たるものながらも変化させようという気持ちが愛おしいです。また、キャラクターがかぶることが少なく登場人物の気持ちや行動が飽きること無く楽しく読めます。主人公が天然なところも可愛らしくて好印象を持てます。フルーツバスケットは現代社会の写しというか、表には見えていない家族間での亀裂やすれ違いをリアティに書いてくれているので共感できるところが多数有ります。強い印象はあまり無いですが、読み終わった後ほんわかとした温かい気持ちになれるそんな作品です。

神風怪盗ジャンヌ全6巻

少女漫画の概要

「神風怪盗ジャンヌ」はジャンヌ・ダルクの生まれ変わりである主人公日下部まろんが巷を騒がす怪盗ジャンヌとして、神の娘として美術品に憑依した悪魔を回収し、失われつつある神の力を取り戻すという使命を遂行していきます。突如、転校してきた名古屋稚空と出会い、更に謎の怪盗シンドバッドと出会い、とある出来事で、怪盗シンドバッドが稚空であることを知ります。怪盗シンドバッドは敵でありながらも、稚空に惹かれるまろん。そんなまろんが怪盗として、女の子として奮闘していく少女漫画です。

おすすめのポイント!

この作品は当時はセーラームーンに並ぶくらい、とても大ヒットしていて、女の子で知らない人はいないくらいでした。まずはこの作品の原作者である種村有菜先生の絵の綺麗さ、とても繊細で美しく、優雅な絵で、女の子の心を掴んでいました。私は好き過ぎて、表紙や絵を切り取っては集めていました。そしてその美しさからなのか、キャラクターもとても可愛いです。主人公日下部まろんは、明るくて気さくな性格で、かわいい笑顔とヘアスタイル、そして抜群のスタイルは、当時憧れていた女の子は多かったのではないかと思います。そんな可愛いまろんが好きで、怪盗シンドバッドである名古屋稚空も、顔良し、頭脳明晰、スポーツ万能と「容姿端麗」といえば稚空だと言えるくらいのイケメンです。そんな2人が繰り広げるこちらの作品は恋愛だけではなく人間味あふれるお話なのできっと久しぶりに少女漫画を読みたい人にはおススメです。

彼氏彼女の事情全21巻

少女漫画の概要

一般家庭に生まれながらも、たゆまぬ努力で誰もが羨む完璧な人間を演じてきた高1のゆきの。だが、高校入学総代を狙うも、文武両道エリート家庭で性格まで完璧な少年有馬に総代の座を奪われてしまう。人生で初めての屈辱を味わったゆきのが、一方的に有馬に対抗してく中で、完璧さだけでなく、人としての感性をはぐくんでいく物語。

おすすめのポイント!

最初は、日々の努力の泥臭さをひた隠しにして、いわゆる「高嶺の花」を完璧に演じていた雪乃が、嘘のない誠実な有馬と競うにつれて、少しずつ感情が変化し、その人間味を外に出していく過程がとても分かりやすく描写されていて、そのリアルさが良い。また、計算高い雪乃と、誠実でピュアな有馬の心が、それぞれに揺れてお互いを思う気持ちが恋心に移ろっていくさまが、両極端なのに、どちらにも共感できる。特に有馬のピュアさが、高校生らしいさわやかな恋愛を表わしていて、小・中学生から、大人まで、老若男女が楽しめる作品だと思う。

Papa told me 全27巻

少女漫画の概要

周りの大人達と遜色ない考え方を持つ小学生の女の子が主人公の物語。幼いころに母親を無くし、親戚の反対を押し切って父親との二人暮らしをを続けているため、小さいながらに自分がしっかりしないと父と離ればなれになってしまうという懸念から自然と大人びた思考を持つ子になっている。小さい見た目なのに大人の女性の生活を描いたような不思議な二面性が魅力の漫画。

おすすめのポイント!

主人公の女の子、「的場知世」がとても魅力的。可愛らしい小さな女の子なのにとても賢く、父との生活を続けるために自分が振る舞うべきかを常に考えて育ってきた感じが愛おしく、ありえないが自分にこんな子供がいたらとつい思ってしまう。父に対してはお互いに親子の関係を保ちながら、美男な父がモテる事に嫉妬したりと彼女のような気持ちもある。頻繁に登場する叔母(母の妹)とは大人の女性同士のようなやりとりをするし、彼女の事を理解する大人達との自然なやりとりも、逆に彼女を知らない大人との微妙なやりとりも面白い。小学生として友達もおり、同世代の男の子から好意を持たれたりすることもある。大人と子供が一体化した主人公が巻き起こす独自性のあるストーリーが秀逸。主人公がたびたび不思議な国のアリスのような空想に入るのも少女漫画らしくていい。設定がしっかりしているので世界観に浸って読むことができる。

天使なんかじゃない全4巻

少女漫画の概要

主人公の翠が同じ生徒会の晃と恋に落ちる学園ラブコメディーです。付き合おうとはっきり言われていないまま恋人気分で過ごしていた翠が、晃に他に好きな人がいるかもしれないとわかり不安な気持ちになります。途中、疑ったり別れたりと複雑に絡み合いながらも翠と晃は理想のカップルとなります。また、主人公以外の人物達の恋物語にも注目です。

おすすめのポイント!

コメディータッチで描かれていながらも、泣けるシーンがとても多いです。すっかり感情移入して読んでしまい、何度読んでも泣いてしまいます。名言も多く、自分もそんなこと言われてみたいな、そんな風に大切に思われたいなと感じます。見ていてハラハラしたりじれったいところもありましたが、やはり二人の愛は本物でした。また、周りとの友情も感動的です。初めはなかなか打ち解けてくれなかった友達が最後にはあんたみたいな友達はもうできないかもしれないと涙ながらに話すシーンは感動しました。恋愛や友情に忙しかった学生時代が懐かしく思えてきます。ドキドキしたい方、泣きたい方…とにかく読んだことのない方にはぜひオススメしたい漫画です。

のだめカンタービレ 全25巻

この少女漫画の概要

主人公野田恵(のだめ)と千秋真一が繰り広げるクラシックコメディーコミック。同じ桃ヶ丘音楽大学に通う二人がある日突然出会い、そこから共に音楽に葛藤していく…千秋の大学卒業後、舞台はフランスへと移り、それぞれの新たな音楽人生が始まる。

この少女漫画のおすすめポイント

とにかく「おもしろい」の一言に尽きるマンガです。音楽に詳しい人もそうでない人も楽しめるよう、クラシック音楽についてわかりやすく丁寧に描かれています。おすすめの理由は、ただ単にクラシック音楽を追求しているだけでなく、二人の成長を描きながらもしっかりと恋愛が続いていくところにあります。初めの頃は千秋はただのだめを変態扱いし、のだめだけが千秋に思いを寄せている感じだったのが、音楽を通じてだんだん距離を縮め、フランスに留学することになったのは千秋からの告白だったのも個人的にはおもしろかったです。また、ギャグ要素がとても多く、モブキャラでさえ細かいところまで濃いです。25巻で完結してしまったのがとても残念なくらい、もっと続きが読みたくなるような作品です。

おすすめの完結済み少女漫画まとめ

いかがだったでしょうか?少女漫画のドキドキが好きな人や久しぶりに少女漫画を読みたい人の参考になれば幸いです!たまには少女漫画で青春のドキドキを思い出してみてはいかがしょうか! 

www.kaeln.net