読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるん

かえるんはあなたの生活と買い物を豊かにするメディアです。kindle本、食料品、インテリア、日用品などおすすめの商品を紹介します。

バスケ初心者でも熱くなれるおすすめのバスケ漫画ランキング!

スポーツ漫画の中でもかっこいいシーンが多いバスケ漫画!そんなバスケ漫画のキャラクターに憧れてバスケを始めた人も少なくないはずです。今回は初心者でも熱くハマれるバスケ漫画のおすすめランキングを紹介します!

バスケ漫画ランキング 4位 DEAR BOYS

高校バスケットでは常勝のチームの主将として在籍していた主人公が自分のバスケットを追い求めてある高校に入学する。その高校は昔、暴力事件を起こした高校だった。その高校でのバスケット部員は4名、その4名は以前顧問であった教師のやり方に不服を感じ暴力事件を起こして、それ以来顧問は別の高校で活動。事件を起こした生徒達はそれぞれ荒れていた。そんな中入学した主人公が再びバスケットの道へと導き、5人での新たなバスケット人生をスタートさせる。

このバスケ漫画のおすすめポイント!

それぞれ、問題を持ちながらバスケットをしていき心を通わせ始める。バスケットの実力は元々持っていたそれぞれがチーム力を手にして更に強くなっていく。実際にはありえない5名でのバスケットのインターハイ出場をめざして、いろいろなキャラクターが出てきて読んでいくうちにはまっていってしまう。ところどころバスケットの用語や戦術なども出てくるのでバスケットを全く知らない人も理解しながら楽しめる内容になっていると思う。絵のタッチは少々、繊細な感じの絵で男性は避けてしまう人もいるかもしれない。そこを思い切って読み始めれば間違いなく読み終えるまで気になってしまう作品です。

バスケ漫画ランキング 3位 黒子のバスケ

中学時代に全国大会三連覇をした「キセキの世代」と呼ばれるメンバーが高校でバラバラの学校へ進学し、各学校でそれぞれ相棒を見つけてまた全国制覇を目指すマンガです。主人公の黒子テツヤは影が薄いという事を利用し、ミスディレクション(相手の判断力を自分以外の方にそらせる)を利用したプレイを駆使します。

このバスケ漫画のおすすめポイント!

「キセキの世代」と呼ばれる主要メンバー+主人公とその相棒がそれぞれ個性的な技を使う、今までにないタイプのバスケットボールマンガです。その技はほぼファンタジーというか、ギリギリ実現できなくもないかな?くらいの突飛な技で「一度見ただけで相手の技を完全にコピーする」や「コートの逆サイドからでもどんなロングレンジのシュートも決められる」など、ヒーローものやバトルものを見ているような痛快さがあります。また中学時代は強豪校であったものの満たされない気持ちでプレイをしていたメンバーたちが、進学先の高校でそれぞれ心の友ともいえる相棒をみつけて成長している様は青春ものの醍醐味と言えます。

バスケ漫画ランキング 2位 あひるの空

主人公の車谷空はバスケットボールプレイヤーとしては不利な低身長ながらも、天性の才能を持つ、負けず嫌いで努力家の高校生です。入学当初はメンバーも少なく問題児だらけで、バラバラの気持ちでスタートしたバスケ部の活動でしたが、空の熱意によって少しずつチームがひとつにまとまっていきます。数々の挫折や問題を抱えながらも勝利に向かって奮闘する、青春バスケ漫画です。

このバスケ漫画のおすすめポイント!

主人公、空の活躍はもちろんですが、主人公以外のチームメイトやライバル、監督、家族も個性が強く、愛すべきキャラクターがたくさん登場します。特に、チームメイトで双子の兄弟である千秋と百春の掛け合いは最高です。登場人物一人一人の目標や想いに共感でき、読みながら思わず笑ってしまったり涙ぐんでしまったり、と良い意味で忙しい漫画です。また、試合での緊張感や迫力ある描写はもちろん、友情や恋愛、家族との絆など、高校生ならではの葛藤や人間模様も見逃せません。数々の挫折や困難にもめげずに立ち向かっていく空たちの熱意に、感動すること間違いなしです。

あひるの空の他の人の口コミも!

とにかくリアルです。少年漫画によくある「必殺ワザ」とか一切なく、純粋にバスケのスキル・試合運びを忠実に描いています。バスケ部だった人はもちろんバスケ部以外の人でも共感できるような部活あるあるネタが豊富です。あとは部活の顧問や教員の行動や気持ちの動きもリアルに描かれていると思います。新刊が出て読み終わるたびに出る感想は「あぁ、またバスケしたいな」と思わせてくれるマンガです。バスケ経験者なら絶対にハマるはずです!もちろん設定が青春真っ只中の高校生なので恋愛もあります。でも思いっきり恋愛にフォーカスするのではなく、ところどころなのもいいと思います。

バスケ漫画ランキング 1位 スラムダンク

主人公の桜木花道は湘北高校に入学してすぐに一目惚れした赤木晴子の勧めでバスケ部に入部。そこで、晴子の兄であるキャプテンのゴリやライバル流川などと出会い、徐々にバスケにハマっていく。桜木は素人にも関わらず、その超人的な身体能力と負けん気でみるみる成長していき、数々の競合と戦っていく。日本のバスケマンガの伝説とも言える最高傑作。

このバスケ漫画のおすすめポイント!

とにかく試合の臨場感が半端ない。どの試合も熱く手に汗握る展開で、読み出すと止まりません。井上先生の画力の凄さを感じます。また、出てくるキャラがわき役まで含めてイキイキとしていて全く無駄がないのも素晴らしいです。全てのキャラが愛おしく感じます。そして、そのキャラ達が放つセリフのセンスが抜群なのも良いです。「諦めたら底で試合終了ですよ。」という安西先生の言葉は有名ですよね。実はそのほかにも沢山の名台詞が生まれているので、是非お気に入りのセリフを探してみてください。ちなみに私はゴリが海南戦の前に言った「一年の時からずっとだ」が好きです。

バスケ漫画ランキングまとめ

おすすめバスケ漫画をランキングでまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。ほとんどの漫画がバスケのルールがわからなくても楽しめるようになっています。ぜひ気になるものがあれば読んでみてください!