読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるん

かえるんはあなたの生活と買い物を豊かにするメディアです。kindle本、食料品、インテリア、日用品などおすすめの商品を紹介します。

美味しい!スーパーで市販されているおすすめの味噌7選!

日本人なら毎日美味しい味噌汁が飲みたいですよね!無添加や減塩、ご当地味噌などメーカーによってさまざまな味噌が発売されています。今回は全国のスーパーなどで市販されている味噌のなかでも本当に美味しいおすすめの味噌を紹介します。

雪ちゃんの「日本海みそ」

やや甘めの米こうじ味噌です。特に冬場はキレのある味噌より身体の温まる甘めの味噌のほうが私は好きです。特になめこ汁はよく合うと考えます。ただ続けるとあきるので、仙台味噌とブレンドしたり、あるいは濾さないで田舎風にしたりと工夫して使っています。同社ホームページによると、立山連峰の水を使い、国産米だけを使用し、大豆の表皮を取り除き色・艶を出すことが美味しさの秘訣である旨しるしてありますが、確かに他の味噌と比べて淡い黄金色になっています。一度白く変色したことがありましたが、二度づけせずに表面をならすようにして保存したら、そんなことはなくなりました。美味しいみそです。

他の方もこの味噌をおすすめ!

お嫁に来てから、旦那の実家の味にあわせてこの味噌を使いはじめました。北陸地方ではいちばんよく使われている味噌らしいです。関東に住んでいた私は全く存在を知りませんでしたが、この前実家の近所のスーパーで探してみたら置いてあったので、どうやら全国的に売っているお味噌のようです。味は上品で、こうじのやさしい風味が特徴的です。今まで味噌にこだわりのなかった私ですが、この味噌の味噌汁を飲んでからは、もうほかの味噌は買ったことがありません。ただ、美味しいだけあってお値段も結構高めです。私の実家で使っていた味噌のかるく2倍はします。とは言ってもやはり味噌汁は毎日飲むものですので、奮発してぜひ一度試してみてください。

フンドーキン 生詰 無添加減塩 あわせみそ

子供が生まれてからはできるだけ無添加の食品、調味料を使用するように心がけているのですが、数年前から主人の父が高血圧の薬が原因で腎臓病になってしまったので、主人も遺伝的要素を持っているのではないかと心配で、塩分に気をつけるようになりました。調味料は減塩のものを使用するように心がけていたとき、スーパーで偶然この商品を見つけました。減塩プラス無添加、更に、麹がいっぱい入っているのが見え、美味しそうだったので試しに購入してみたところ、麹が効いていてとてもまろやかでおいしくて、塩分が少ないことが全く気になりません。私は本来甘党なので、この甘めの味噌がとても気に入っています。味噌汁に入れるだけでなく、おにぎりに塗ってトースターで焼くととても美味しいし、魚の味噌漬けに使用しても美味です。あまりに美味しいので、料理に使用した後、なめてしまいます。これでは減塩になりませんが。減塩できるし、麹は身体に良いし、何より美味しい!おススメです。

かねこみそ

f:id:kaeln:20160215030241j:plain

出典:http://kanekomiso.co.jp/products/miso.html

以前から口にあった味噌を探していたのですが、やっとたどり着いたのがこの「かねこみそ」。どこにでも売っているのかと思いきや、近所の地方王手スーパーには置いておらず、決まった店にしか置いてありませんでした。「かねこみそ」は酒精以外の添加物はしておらず、加熱処理をしていませんのでコクがあり、どこか懐かしい味わいの味噌です。甘い系の味ではなく、しょっぱい系の味ですが、辛すぎず、だしと合わせるとほっこりした家庭の味を楽しむことができます。もし、味噌で物足りなさを感じたら、この「かねこみそ」を試してみてはいかがでしょうか。

とり野菜みそ

石川県では昔から親しまれてきている家庭味噌です。江戸時代、北前船の乗組員が航海を乗り切るために栄養価の高い食事を摂る目的で作られたといわれてます。商品名の「とり野菜みそ」の「とり」は鶏肉からではなくて、野菜や栄養を摂るという意味からきているということです。風味は味わい深くコクもあります。飽きのこない味です。色々な食材とも合います。冬の寒い時の鍋にぴったりです。お肉や野菜はもちろん、締めにうどん、ラーメンとの相性も抜群です。いわゆる万能食材といったところです。日持ちも良い味噌なので保存食としてもオススメです。いまや石川県のみならず全国で味わえる味噌です。

首里味噌

マイナーですが、沖縄の首里で生産されている「首里味噌」が一番のお気に入りです。生産元は玉那覇味噌醤油という小さな工場で、熟練した年配の職人さんによって丁寧に作られているのが実感できます。そのため価格が高いのかと思いますが。それでも我が家ではこちらを購入するくらい、甘みのある合わせ味噌で、出汁も効いててとても美味しいです。大量生産されているお味噌とは、風味も味も全然違います。スーパーで普通に売られていますが、宣伝不足のためか、価格の高いこのお味噌を選ぶ確率は低いらしく、認知度はいまいち。あと、心配なのは後継者がいるのかということです。ずっと残してほしい味だと思っているので。

(株)まるや八丁味噌の『ゴールド赤だし』

地元名物の赤だし味噌で、味がシンプルでおいしいです。900グラム入りで、500円から600円なので、少し高いですが、赤みそは、味噌ダレとか味噌煮込みうどんとか地元の郷土食を作るのにも使うので、味がきちんとしている味噌を使いたいです。それと、容器も気に入っています。ピンクのしっかりした蓋付きのプラスチック容器に入っているので、そのまま冷蔵庫に入れて使えるし、使用後に保存食を入れたり、食洗機の洗剤を入れる容器にしたり、調味料を混ぜた後、保存しても蓋がきっちり閉まるので重宝しています。味噌が入っている容器はたいていちゃちな入れ物なので、保存に適してないですが、この『ゴールド赤だし』の容器はとても丈夫なので容器も気に入っています。

とくぢ味噌

毎朝、お味噌汁を食べる事を欠かさした事はありません。とくぢ味噌は、お味噌汁本来の美味しさを持っている味噌です。だしを取り作れば美味しいですが、だしを取らなくても十分に味噌だけで、お味噌汁を作れます。うちは麦すりを使っていますが麦すりが一番好きです。山口県はとくぢ味噌のお宅が多いです。お味噌汁だけではなく色々な料理に使えるのも、とくぢ味噌です。塩分が少ないのも体に良いと思いますし、ちょっとだけ使うだけでもお味噌汁が美味しいです。お値段は少し高いかもしれませんが我が家は安売りに何個か買っておきます。